DMM.com証券の体験談

DMMでFXを始め2年ほどになります。
2年といっても途中にはかなりの空白期間があるので実質合計はわずか数か月でしょう。

 

10万円ほどの小遣いが溜まると口座に振り込み、最初は米ドルで夢を見ますが次第に資産が目減り、

最終的には単価の安い南アフリカランドにまで手をだして終了ということを何度繰り返したことでしょうか。
しかし、今度こそと思い先日またも口座に10万円を振り込みました。この夢の始まりはDMMの体験verでした。

資産こそ架空ですが為替は実際のものを使用してFXを体験するものです。

この体験verの取り引きではたったの数日で100万円が300万円になったのです。

まだレバレッジ改正前だったということもありますが、「私に隠れた才能があった」と確信したのです。
しかし、実際に自分の小遣いを使って取り引きをしてみると、やはりこれが上手くいかない。

プラスに傾くと資産を確定していために少額でもすぐに決済をし、

マイナスになると「いつかプラスになるのでは」とロスカットまで待ってしまう。素人そのものの、運用というより勘に頼った単なるギャンブルです。
このところの米ドルは119円あたりを行ったり来たりで大きな変動はありません。

こういったときが素人の狙い目、と素人な私は考えています。

変動幅が大きいときはギャンブル性が高すぎると感じるからです。DMMで10万円の米ドル取り引きが出来るのは2ロットのみ。

貧乏くさいとも思いますが1ロットづつ恐る恐る注文していきます。

以前はパソコンを使用していましたが、最近はスマホのアプリを私用しています。

DMM FXのスマホアプリは何故か評価が低いですが、個人的にはあまり不便、不都合を感じません。

チャートや注文、決済はスムーズですし、しばらく時間をあけたときの再ログインも1タップで可能です。
チャートを5分に設定し上がり下がりを観察し、はっきりした山か谷が1度出現するのを待ちます。

今!という時間帯が来たらチャートをtickにし、多少でもピークの頂点を狙います。

数百円、大きくても1000円程度の利益を重ねて小遣いを増やしていきます。

100円の利益でも100回繰り返せば1万円か、などと想像しながらひたすらチャートを睨んで繰り返すのです。

多少マイナスしても、ここ最近は変動幅が小さいから大丈夫、焦ることなく振り戻しを待ちます。
1日100取引で1万円は勝てるようになってきたので、これからも続けていこうと思います。

 

スプレッドがの幅が狭いのが一番いいとこです。

サブコンテンツ

口座開設申込ランキング

このページの先頭へ