ロスカットとは

ロスカットとは、まだ決済していない状況での損失が大きくなってしまった場合に、これ以上損失を出さないように強制的に決済が行われる仕組みです。

株取引のように、ストップ高、ストップ安といった値幅制限の仕組みがありません。

さらに、レバレッジを大きくして取引ができるため、少しの値動きで大きな損失をだしてしまうこともあります。
証拠金がすべてなくなるだけであればまだいいのですが、不足金が発生してしまうの可能性もあります。

そのリスクを避けるためにあるのがロスカットなんです。

FXには、株のように値幅制限いっぱいまで売買できる「ストップ高」「ストップ安」といった仕組みがありません。
また、レバレッジを高くかけることができる反面、損失もかなり大きくなってしまう可能性があります。
証拠金が全額なくなってしまうばかりか、不足金が発生してしまう可能性もあります。

それらのリスクを避けるためにあるのがロスカットです。

※相場の急激な変動により、

 お預かり資産以上の損額が発生する可能性もございますのでご注意下さい。

サブコンテンツ

口座開設申込ランキング

このページの先頭へ