3月28日(月)トレード解説

こんにちは、リチャードです。

今週もトレードの解説をしていきたいと思います。


 

USDJPY 5分足 グランビルショート +5.7pips

ブログ

 

これは主にオシレーター系の指標をメインの根拠としてエントリーした相場になります。

平均線の向きで下降トレンドになっているのを確認後、十字線を3本連発後の宵の明星でのエントリーなので、根拠としては強いのですが、13本にも戻るまでの値幅が大きかったので、あまり綺麗な形ではなかったのですが、こういった相場の時は私はMACDとストキャスの状態を強く意識しています。

通常は、5日移動平均線(赤)にタッチしたタイミングでのエントリーが多いのですが、この相場では、5日移動平均線を突き抜けた後、MACDとストキャスがデッドクロスしたのを待ってからエントリーしました。

瞬時にオシレーターの状態を確認してエントリーをしなければいけないという意味では、少し上級者向けなのかもしれませんが、オシレーター系の指標を根拠として用いることによって、他の根拠が弱くてもエントリーすることができる場合もあるのです。

 

決済については、ストキャスが売られすぎラインである20%を超えたあたりで利確しました。

 

それではまた明日更新します^^

 

リチャード

 

サブコンテンツ

口座開設申込ランキング

このページの先頭へ