5月3日(火)トレード解説

こんにちは、リチャードです。

それでは本日もトレード解説をしてきます!


EURJPY 1時間足 レンジ中の逆張りエントリー +24.1pips

3日 24.1pips

ローソク足がボリンジャーバンドの±2σ内を往復していたので、明らかなレンジ相場であることを確認後、明けが出たところで逆張りエントリーしました。

若干底値が切り上がっていたのも、エントリーの根拠にはなりました。

決済は、+2σまで引っ張ろうと思ったのですが、+1σで大きく戻されてきたので、警戒して利確しました。


 

USDJPY 15分足 グランビルロング +34.5pips

34.5pips 15分足

5分足でもグランビルになっていることを確認後、15分足でも移動平均線タッチの長い下ヒゲをつけてきたので、次の足でブレイクアウトでエントリーしました。

この相場は直近の波でトレンド転換のサインがいくつも出ていたので、かなり入りやすい相場でした。

決済は、+1σを割った付近で利確しました。


 

最近は、隣同士の時間足を組み合わせて、両方の根拠でエントリーすることも少なくないです。

2つの時間足で根拠が重なれば、勝率は確実に高くなるので、余裕があればそういった相場分析をしてみることをオススメします。

 

リチャード

サブコンテンツ

口座開設申込ランキング

このページの先頭へ