スワップポイントとは

スワップポイント=利子のようなもの

銀行預金には利息がつきます。 株式を保有していれば配当金が受け取れます。これと同様に、FXでも利子のようなものを受け取ることができます。 これがスワップポイントです。 ただ、スワップポイントは銀行預金のように必ず受け取れるものではありません。 通貨ペアの組み合わせによってスワップポイントは増減し、買いや売りのポジション次第ではマイナススワップといってこちらが利子を支払わなければいけない場合もあります。 これはスワップポイント発生のしくみによるもので、スワップポイントとはふたつの通貨の金利差を調整するために支払われるものです。 実は各国通貨にはそれぞれ金利が設定されており、利子がつくようになっています。 日本円の金利が1%、米ドルの金利が3%のとき、ドル円で買いのポジションを持つと円を売って米ドルを購入することになります。 日本円でもらえるはずの金利1%は失われますが、そのかわりに米ドルの3%の金利が得られます。 よって3%-1%=2%の金利がスワップポイントとして支払われるのです。 この支払いはドル円の買いポジションを決済して解消するまで行われます。 では、逆にドル円の売りポジションを持った場合にどうなるでしょうか。 このときは3%の米ドル金利を受け取る権利が消え、代わりに日本円の1%の金利が得られるようになります。 よって1%-3%=-2%の金利が得られるということになります。 これがマイナススワップであり、決済をするまで2%相当の金利を支払い続けることになります。 この金利は年率の数字なので一日のスワップポイントはそれほど大きい金額にはなりません。 しかし、スワップポイントは日割りで毎日加算されていくため、長期で保有するほど金額は大きくなります。 マイナススワップになる取引はできるだけ早く決済してしまったほうがよいでしょう。