マージンコールとは

マージンコールは警告つきの強制決済

FX取引ではポジションを決済するまで損失は確定しません。一時的に含み損が膨らんでも、値が戻せば損失は解消されます。 しかし、いつまでも決済せずに放置していると、口座の資金を損失が上回る場合があります。 そうならないように設けられているシステムがマージンコールです。 マージンコールとは聞き慣れない用語かもしれませんが、単純に言えば事前に警告をしたあと全ポジションを強制的に決済する制度のことです。 これ以上損失が膨らむと、口座資金を食い尽くしてしまう可能性があるため、損失拡大をそこでストップするために強制的に業者側で損切りを行います。 その前にトレーダーに警告を伝え、新たな資金を追加で預け入れるか、ポジションをいくつか決済して損失の拡大を軽減するように求めるのです。 期限内にトレーダーがこれらの行動をとれば強制決済は行われません。 しかし、期限内にこれらの行動がとられなかった場合、業者は強制的に全ポジションを決済して損失拡大に歯止めをかけるのです。