pipsとは

FXで利益や損失を表現するときによく使われるのが「pips」という単位です。 FX初心者にとっては意味不明な言葉ですが、その内容はとても簡単。 FXに慣れれば自然と使えるようになってきます。

1pip=1銭

pipとは、為替レートの値動きを示す単位であり、point in percentage の略です。 日本語で言えば最小単位のパーセンテージ。つまり、各国通貨の最小単位をさらに100分割したときの1単位を示しています。 こう書くとややこしいですが、日本円でいえば1pip=1銭、2pips=2銭です。 日本の通貨の最小単位は円なので、その100分の1である1銭(0.01円)が1pipに該当するのです。 略称に関しては、price interest point という説もあり、こちらは利益の最小単位という意味です。 実際はこれらさまざまな意味が複合して使われるようになって言葉のようです。

他の通貨でのpips

これを他の通貨に当てはめると、米ドルの場合、最小通貨単位は1セント(0.01ドル)なので、その100分の1の0.0001ドルが1pip相当となります。 これもややこしい考え方ですが、実際にはユーロドルなどで0.0001ポイントの値動きがあれば1pipと表現するだけです。 日本円を含む通貨ペアで0.01ポイントの値動き、米ドルとの他の通貨のペアならば0.0001ポイントの値動きと考えておけばOKです。

pipsが使われる理由

FXでpipsという単位が使われるのは、通貨ペアや投資金額に左右されずに利益や損失を表現できるからです。利益や損失を表現するときに通貨単位を使用すると、為替レートの変動もあって比較しにくくなります。ドル(セント)で統一すればいいという意見もありますが、FXではpipsという単位を使用することが慣習化しています。 また、FXでは同じ値動きでも10倍のレバレッジをかければ利益は10倍になります。逆に言えば、10倍のレバレッジをかければ10分の1の値動きで同じ利益を得られるのです。FXの成果はどれだけ多くの値動きをつかまえられるかです。そんなとき、利益の金額で成果を表現しても、実際にどれだけの値動きをつかまえられたのかを示すことができません。そこで、投資金額に左右されないpipsという単位が使われるのです。

投資戦略の成果を測るのに重要

世の中にはFXに関するさまざまな情報や戦略が紹介されています。 その成果や優秀さをはっきりと示せるのがこのpipsなのです。 同じ相場で100pipsとれた戦略と200pipsとれた戦略ならば、後者のほうが優秀です。 このようにFXについての情報を語る上で世界共通の尺度としてpipsは使われています。