ファンダメンタルズ分析とは

FXで為替の動きを予想する方法としては、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析のふたつがあります。 FXチャートを分析の対象とするテクニカル分析に対して、ファンダメンタルズ分析では実際の世の中の景気を分析します。 景気の状況を示すものはたくさんあり、これらをすべて含めてファンダメンタルズと呼びます。 ファンダメンタルズはその名の通り経済の基礎の部分であり、これを読み解くことによって為替の動きを予想していくのです。

ファンダメンタルズの内容

ファンダメンタルズの中身としてまっさきに挙げられるのが経済指標です。 国の経済収支や失業率などの経済指標は景気の状況をもっとも正確に示すデータです。 景気判断のためにはこれらの経済指標を分析するのが一番であり、ファンダメンタルズ=経済指標と言っても差し支えないでしょう。 経済指標には一国のGDP、失業率、経済成長率から政策金利までさまざまなものがあります。 これらを総合的に判断して為替の方向性を見極めるのがFXのファンダメンタルズ分析なのです。

ファンダメンタルズが為替に与える影響

では、ファンダメンタルズはどのように為替に影響を与えるのでしょうか。為替とは二国間の経済力の差を示したものです。 経済的に強い国の通貨は相対的に価値が高く、不景気で経済的に弱い国の通貨は価値が低くなります。 経済指標の発表によりその国の景気が良いことがわかると、その国の通貨の価値は高くなると判断され買いが入ります。 逆に経済指標の数値が不景気を示しているとその通貨は売られてしまいます。 通貨が売られるか買われるかを決定づけるのが経済指標であり、ファンダメンタルズというわけです。

ファンダメンタルズ分析の使い方

このようにファンダメンタルズが為替の動きを決定するので、ファンダメンタルズを分析することにより、これからの為替の流れも予測することが可能になります。 経済指標は毎月ないし年に数回など比較的間隔をあけて発表されるため、ファンダメンタルズ分析は中長期的な予測に適しているとされています。 短期のデイトレードなどではチャートのテクニカル分析が中心になるのに対して、1ヶ月先、半年先の為替を読むにはファンダメンタルズ分析が重要になるのです。 スイングトレードよりも長いスパンでFXをするならば、ファンダメンタルズ分析は欠かせないものとなります。 経済指標の発表スケジュールを押さえておくのはもちろん、発表された数字がどのように為替レートに反映されるのかについても理解を深めておきましょう。