テクニカル分析とは

FXにおいて中心となる分析法がチャートのテクニカル分析です。 為替相場の動きには、複雑ではありますが一定の法則があると言われています。 そうした法則をチャートの分析から導き出し、為替予想に役立てようというのがテクニカル分析です。 ファンダメンタルズ分析は現実の実体経済を取り扱う分析法ですが、テクニカル分析は純粋にFXチャートのみを分析の対象にします。

テクニカル分析には指標を使う

テクニカル分析に欠かせないのが指標と呼ばれる分析ツールです。 指標は為替のデータをさまざまな観点から表現し、為替相場のより正確な姿を伝えてくれます。 移動平均線やMACDなど、これらの指標を複数組み合わせて使うのがテクニカル分析の定石です。 どの指標を選ぶか、どの指標と組み合わせるか、さらに指標のパラメータ設定はどうするのか、など指標の使い方は無限にあります。 まずは定番のものから使い方を覚えていき、それから独自のアレンジを加えていっても良いでしょう。

トレンド系指標

テクニカル分析の指標はいくつかのグループに分類できますが、もっとも基本的なものがトレンド系です。 FXとは極論すれば、レートが上がるか下がるかを予想するものです。 トレンド系指標は為替相場が上昇トレンドにあるのか下降トレンドにあるのかを教えてくれます。 トレンド系指標を使いこなすことができれば、トレードの成功率は大きく上がることでしょう。 トレンド系指標としては、移動平均線やボリンジャー・バンドなどが有名です。

オシレーター系指標

為替相場の傾向を示すトレンド系指標とは、また違った観点から相場を分析できるのがオシレーター系指標です。 オシレーター系指標は、売られすぎ、買われすぎの状態を教えてくれます。 明らかに買いが多い状況では、そろそろ利益確定の売りが入るだろうとの予測ができます。 そこで、買われすぎの状態になったら売りポジションをとるのです。 売られすぎの状態ではもうすぐ買いが優勢になるだろうと予測して買いポジションでエントリーします。 トレンド系とオシレーター系、アプローチの異なるふたつの指標を組み合わせて使うこともよく行われます。 オシレーター系指標としては、ストキャスティクスやRSIが有名です。

その他の指標

テクニカル分析には、その他にもさまざまな分析法があります。 単純にトレンドラインを引く方法からフィボナッチという特殊な数字を使った予想法までそのバリエーションはさまざまです。 過去のFXのチャートを使ってこれらの分析法を研究し、自分の投資スタイルに適した分析法を編み出していきましょう。