ローソク足とは

FXチャートのもっとも基本になる部分がローソク足です。 ローソク足とは株価や為替レートをローソクのような棒で示したチャートのこと。 これまでFXに触れたことがなくても、どこかしらで目にしたという方も多いでしょう。それだけポピュラーなチャートの表示法です。

日本生まれのチャート

このローソク足、実は日本生まれです。 江戸時代に考案され、米相場の取引などに使われていました。それがいまや世界中のトレーダーに使われています。 ここまでローソク足が広まったのも、やはりその機能性の高さが理由でしょう。 ローソク足にはその時間帯の始値と終値、そして最高値と最安値がひと目でわかるように表示されています。 ローソクのように太い部分が始値と終値、そしてローソクの上下に細く伸びた線が最高値と最安値を表しています。 その時間の相場の動きが瞬時に把握できるので、ローソク足はたいへん便利なのです。 ちなみに、1時間の値動きを示したローソク足は1時間足、一日の値動きを示したローソク足は日足などと呼ばれます。 どの時間足を参考にするかは、トレードスタイルによって異なってくるのです。

陽線と陰線

このように高機能なローソク足ですが、ローソク足の形や色だけでもある程度、相場の予測を立てることができます。 始値より終値が高い、つまりその時間で相場が上昇したことを示すローソク足を陽線、逆に下落したことを示すローソク足を陰線と呼びます。 陽線が多ければ相場が上昇傾向、陰線が多ければ下落傾向にあることがわかり、このふたつは色分けされているので、チャートのローソク足の色をひと目みるだけで、現在のトレンドがある程度つかめてしまうのです。

上ヒゲと下ヒゲ

ローソク足の上と下に細く伸びた線はそれぞれ最高値と最安値を表現していると書きましたが、これもまたFX取引の手がかりにすることができます。 上に伸びた線は上ヒゲ、下に伸びた線は下ヒゲと呼ばれているのですが、このヒゲが長いと相場は反転する可能性が高くなります。 例えば、下ヒゲが長いということは、いったんレートが大きく下落したあとに上へ戻ってきたということです。 上に押し戻す力がとても強いことのあらわれなので、下ヒゲが出たときは相場が上昇を始めるシグナルになるというわけです。 これは上ヒゲも同様で、上ヒゲの場合は相場が下降に転じるシグナルとなります。 もちろん、このヒゲだけで完全な予測ができるわけではありませんが、他の手法とうまく組み合わせることで、予測の精度を高めることにつながるのです。