トレンドラインとは

トレンドラインで方向性を見極め

FXにはさまざまな予測の手法がありますが、結局行き着くのは相場は上昇するのか、それとも下降するのかというトレンド予測です。 トレンドさえつかめていれば、FXでは必ず利益を得ることができます。 トレンドを見極めた人こそがFXを制するのです。

トレンドラインとは?

そうしたトレンドを把握する代表的な方法がトレンドラインを引くことです。 チャート上にトレンドラインを引くことができれば、相場が上昇しているのか、下降しているのかは一目瞭然。 簡単にトレンドを把握することができます。 さらにトレンドラインは、トレンドを教えてくれるだけでなく、エントリーするタイミングも教えてくれます。 トレンドラインは基本的な手法ではありますが、プロの投資家も日常的に使っているとても優秀な予測法なのです。

トレンドラインの引き方

肝心なのがトレンドラインの引き方です。 実はトレンドラインは人によっていくらでも違った引き方ができます。そのため、相場予測の結果も異なってきます。 トレンドラインを上手に引けるようになるには、やはり習熟が必要なのです。 具体的なトレンドラインの引き方ですが、相場が上昇していればそれぞれのローソク足の最安値を、相場が下降していればローソク足の最高値を結んでななめの直線を引きます。 このとき、できるだけ多くのローソク足を通るように引くことがコツで、含まれるローソク足の数が多いほど、トレンドラインの信頼性も上がると言われています。 ただ、すべてのローソク足を通ろうとすると直線自体が引けない場合が出てきます。 そのときは、直線を引ける範囲でできるだけローソク足を含められるようにします。 この引き方が個人によって差が出る場面で、その結果FXの収支違ってくるというわけです。

トレンドラインの使い方

さて、トレンドラインが引けたら次はそれを使って取引をしましょう。 相場の上昇局面を例に取ります。 上昇局面ではローソク足の最安値の部分を結んだトレンドラインが引かれているはずです。 トレンドが変化しないかぎり、これからもローソク足はトレンドラインの伸びた先が最安値になります。 したがって、ローソク足が垂れてきて、トレンドラインに接触した瞬間に買いでエントリーします。 トレンドが継続しているならば、ローソク足は反発してふたたび上昇に転じ、利益を得られるでしょう。 下降局面の場合は逆にトレンドラインが天井になります。ローソク足がトレンドラインに接触したら売りでエントリーということです。 もし、ローソク足が明らかにトレンドラインを突き抜けてしまったら、それはトレンドが転換した可能性があります。 トレンドラインを参考にエントリーするならば、トレンド転換の場面に出くわす可能性もあるので、損切りはきちんと入れておきましょう。