支持線と抵抗線とは

FXのテクニカル分析にはさまざまな指標を使いますが、そのときに用いられるのが支持線(サポート)、抵抗線(レジスタンス)という考え方です。 支持線や抵抗線の見方を身につけると、どこで注文すればいいのか、どこで決済すればよいのかが見えてくるようになります。 それほど難しい考え方ではないので、すぐに覚えることができるでしょう。

支持線とは

支持線とは、名前の通り相場を下支えするラインのことです。 上昇トレンドのときのトレンドラインがその代表的なもので、各ローソク足の最安値を結んだ直線が支持線となります。 ローソク足は支持線より下には落ちにくいという性質をFX取引の予想に利用します。 トレンドラインのほかにも、移動平均線や一目均衡表などさまざまな指標で支持線という考え方が用いられています。

抵抗線とは

抵抗線とは、相場の天井を示すラインのことです。 こちらの代表例としては、下降トレンドのときのトレンドラインがそれに該当します。 下降時のトレンドラインは各ローソク足の最高値を結んだ直線ですが、ローソク足はそのラインで抵抗を受けて上抜けすることができません。 その性質を予測に利用します。抵抗線の考え方は、支持線と同様にトレンドライン以外でも使われることがあります。

どのように使用するのか

支持線と抵抗線の基本的な使い方として、エントリーするポイントを特定できるというものがあります。 ローソク足は支持線よりも下には行かず、抵抗線を上抜けすることもありません。 そこで、ローソク足が支持線まで落ちてきたら「買い」、抵抗線まで上がってきたら「売り」で入るというのが基本パターンになります。 また、支持線と抵抗線は利益確定にも利用できます。 既にポジションをとっており、含み益がある状態だとしましょう。ローソク足は支持線や抵抗線を突き抜けることがないので、そこが伸びの限界点となります。 ローソク足が支持線や抵抗線まで到達したら利益確定します。

ローソク足が支持線や抵抗線を抜けたとき

ローソク足が支持線や抵抗線を抜いてしまうということも当然あります。 この場合も、支持線と抵抗線は損切りの目安として機能します。 支持線や抵抗線はなかなか抜くことが出来ないという性質があるので、もしローソク足がそれを抜いてしまうと、買いや売りの圧力が相当に強いという証拠になります。 支持線や抵抗線を抜けてしまってから、また値を戻すということは考えにくいので、抜けた時点で損切りをするのです。 FXのトレーダーによっては、そこから逆方向にドテンしてポジションをとるという人もいます。