順張り・逆張りとは

FXのトレード方法を解説している文章を読んでいるとき、ひんぱんに出てくるのが「順張り」「逆張り」という用語です。
投資の基本となる用語なので意味を正しく理解して、脱初心者を目指しましょう。

順張りとは

順張りとは、相場のトレンドに沿って取引をすることを指す用語です。
例えば、チャートが上昇しているのを見て、買いで入れば順張りになります。
同様に、チャートの下降を見て、売りで入ることも順張りです。
順張りはトレンドに逆らわないトレード方法であり、投資の王道とされています。

方向性を確認してから取引をするので損失が発生しにくく、初心者はまず順張りを覚えるべき、とまで言われています。

ただし、トレンドが出たのをしっかり確認してから取引を開始するので、どうしてもとれる値幅が狭くなり、利益が少なめになりやすいです。
また、トレンドをじっくり確認しているうちにトレンドが終了してしまったり、トレンド終了間際に取引をしてチャートが反転してしまうなど、一筋縄ではいかない側面もあります。

逆張りとは

逆張りとは、相場のトレンド逆らって取引をすることを指す用語です。
チャートが上昇しているとき、「そろそろ下がるだろう」と売りで入るのが逆張りです。チャートが下落しているときに買いで入るのも同じです。

逆張りはトレンドに逆らうトレード方法ということで、予測が難しく上級者向けと言われています。
相場の反転ポイントからエントリーできるため値幅は大きいのですが、初心者は利益の大きさにつられて逆張りをしてしまいやすく、その結果損をしてしまうことも少なくありません。
逆張りは難しい、ということを頭の片隅に置いておきましょう。

順張りと逆張り、どちらが優れているのか

順張りと逆張りのどちらが優れているかという議論はよく行われていますが、それはトレードスタイル次第です。
長期取引ではとれる値幅も大きいので、トレンドを確認してからの順張りでも十分に利益を得られます。
資金量の豊富な有名な投資家は、みな順張りで利益を得ています。

一方で短期取引の場合、とれる値幅がどうしても狭くなりがちなので、逆張りによって利益を大きくせざるを得ません。
少ない資金から大きく資金を増やした人は、逆張りでの大勝負がきっかけだったという人も多いです。
ただし、そういった人々も、ある程度の資金を得てからは安定した順張りに軸足を移しています。

逆張りはハイリスク・ハイリターンの手法だといえるでしょう。