坂田五法「三山」とは

坂田五法5つのパターンのひとつ「三山(さんざん)」です。

ローソク足が上昇と下降を繰り返し、3つ山ができたら上昇は一服。その後下降に転じるというものです。

これはある一定のラインを上昇して突き抜けられなかったと捉えることもできます。
3回トライして力尽き、相場が下落していくというイメージです。変形パターンとして、2番めの山が高くなっている三尊(さんぞん)という形もあります。
これらのパターンが出現したら売りのサインです。