坂田五法「三法」とは

坂田五法5つのパターンの一つ「三法(さんぽう)」です。

三法とは「売り」「買い」「休み」を意味する言葉です。
上昇や下降のあと最初のローソク足の長さの範囲内で上昇や下落を繰り返すパターンがこれに該当します。

値動きが小さく、ここから上げるのか下げるのかはっきりしない様子見の相場になるというのが一般的な解釈です。
値動きが一服したと考えてポジションを整理するほか、ここから大きく動き出した時点でトレンド発生だと解釈することも可能です。