上昇相場での買いサイン

酒田五法が紹介しているチャートのパターンは、上昇相場、下落相場ともに同じ考え方にもとづくものが多いです。
上昇と下落でパターンをそのまま反転させたものも数多くあるため、混同して売りサインと買いサインを間違えないよう注意しましょう。

 

上昇相場の買いサイン①

酒田五法が紹介しているチャートのパターンは、上昇相場、下落相場ともに同じ考え方にもとづくものが多いです。
上昇と下落でパターンをそのまま反転させたものも数多くあるため、混同して売りサインと買いサインを間違えないよう注意しましょう。
二つ星・三つ星は上昇相場、下降相場ともに存在しますが、売りと買いのサインは逆になります。
押え込み線は上昇相場にしかありませんが、よく似た三羽烏というパターンが存在するため、混乱しないようにしてください。

二つ星・三つ星(上昇相場)

上昇相場の二つ星・三つ星は、2つまたは3つの短いローソク足が連続するパターンのことです。
長い陽線が出たあとに出現しやすく、二つ星・三つ星のあと上に窓を空けた陽線が出たら買いサインとなります。
ここから買いで入るほか、既に買いポジションを持っているならば買い増しの絶好のタイミングにもなります。

この二つ星・三つ星はとても出現しやすく、長期にわたる上昇相場の出発点にもなりやすいシグナルです。大きな上昇のあとでも戻り売りがほとんどなく、上昇圧力がかなり高いことを示すパターンだからです。

ただ、そこからいまいち伸び切れずに下降相場へとトレンド転換してしまうケースもあるので、トレンドの見極めは慎重に行いましょう。
早めに買いで入っておけば、もし下げても同値での撤退が可能になります。

FXにおいては窓が空きにくいので最後の窓空け陽線を長い陽線と読み替えましょう。
二つ星・三つ星は為替相場においても出現しやすく、利用頻度は高めになります。

押え込み線

押え込み線とは、上昇相場において上に窓を空けた形で陰線が出現し、その後も3本前後の陰線が連続、最後に直前の陰線を越えていく陽線が出現するパターンを指します。
最後に力強い陽線が出たら買いサイン。とにかく最後の陽線が前日の陰線の最高値を越えるかどうかがポイントです。

押え込み線は酒田五法のパターンのなかでも少し解釈が難しい部類に入ります。連続する陰線の数が一定でないうえ、よく似た三羽烏というパターンもあるからです。

区別する方法として、押え込み線では連続する陰線の1本目は前日の陽線の最高値よりも高い位置からスタートすること、そして最後に陽線が出るということを確認するとよいでしょう。

ただ、FXにおいては株取引と違って窓が空きにくいため、区別があいまいになりやすいです。
最後の陽線の有無により注目するほか、判断しにくい場面では取引を回避するなど消極的な策も必要になるでしょう。

 

上昇相場の買いサイン②

酒田五法の上昇相場における買いサインにはいくつかの特徴があります。
そのひとつが高値圏での陰線の出現です。この陰線のあとのローソク足の動きによって今後の流れが決定されます。
このパターンの例がカブセ線の上抜きや差し込み線です。

カブセ線の上抜き

カブセ線の上抜きとは、上昇相場において長い陽線が出たあとにそれにかぶせる形で陰線が出現し、そのレンジでもみ合ったあと、大陽線が出て一気にレンジを上抜くというパターンです。
最初の大陽線にかぶさる陰線とは、大陽線の高値よりもさらに高い位置からはじまって大陽線のなかほどまで落としてくる陰線を指します。最初の陽線に覆いかぶさるような形の陰線だということです。

カブセ線の上抜きでは、最後の大陽線が買いサインとなります。大陽線が成立するまで待つのか、それとも以前の最高値(かぶせ陰線の最高値)を抜いた瞬間に買うのかはトレーダーの判断次第ですが、早ければ利益は大きくなる反面、最終的に上抜きが成立しないときのリスクも負うことになります。

カブセ線の上抜きの考え方は、高値圏でもみ合ったあとの続伸です。
そのため、FXにおいても同じような形のチャートであれば応用がききます。

FXの性質上、かぶせる形での陰線は出にくいですが、大陽線のあとの半値戻しの陰線を同じようにとらえてもよいでしょう。

差し込み線(上昇相場)

上昇相場における差し込み線とは、陰線のあとに陽線があらわれる形となります。
ただ単に陰線から陽線というだけではなく、上昇中の陽線にかぶせる形で陰線が出現、そして次に下から差し込まれるような形で陽線が出現しなければなりません。
差し込む形の陽線とは、陰線の終値よりも低い位置から開始し、陰線のなかごろまで上昇して終わるローソク足のことです。
パターンとしては、陽線→かぶせの陰線→陽線(差し込み線)という形になります。

上昇相場で差し込み線が出現した場合、これは買いサインとなります。
酒田五法では高値圏でのかぶせ陰線は天井との認識です。
しかし、すかさず差し込み線の陽線が入った場合、まだまだ買い圧力は強いと判断できます。そのため、上昇相場は継続し、今後も買いが入りやすいのです。

この差し込み線、とても成立しやすい反面、単独で使用するとダマシに引っかかる可能性もあります。

また、FXでは前日の終値と本日の始値が原則として同じなので、差し込み線なのかそうでないのかの区別がつきにくいです。
高値圏での売りに対してすぐに買いが対抗したという本質的な部分では同じなのですが、パターンが出現したらすぐに飛びつかず、これからまだ続伸する余地があるのかどうかをよく検討しましょう。

 

上昇相場の買いサイン③

酒田五法における重要な考え方が三法です。三法とは、売る、買う、休むの3つの意味です。
なかでも大切なのが休むという部分。相場が一休みしたあとの方向性を探るというパターンが酒田五法ではたくさん出てきます。
上昇相場中の買いサインである上げ三法や小幅上放れ黒線も、相場が一休みしたところを狙う手法です。

上げ三法

上げ三法とは、相場が上昇し始めたときによくみられる買いサインです。
大陽線の出現後、その陽線の高値と低値のレンジにおさまる範囲で陰線が3本連続し、その後に最後の陰線の終値よりも高い位置からレンジを上抜く陽線が出現します。
最後の陽線が出たらそこが買いサイン。ここからはしばらく上昇相場が続く可能性が高くなります。

相場は一直線に上昇していくことは少なく、たいていは上昇しては少し戻し、そこから再び上昇していきます。
このように相場が上昇するには一服することも必要なのです。酒田五法ではこの一服した瞬間を見つけ出し取引を行います。

上げ三法における一休みの部分は陽線に挟まれた3本の陰線です。
この陰線が直前の大陽線を割り込めなかったので、3つの陰線は相場の一休みだということがわかります。
もし、この3本の陰線が直前の大陽線を割りこむようだとこれは一休みとは言えません。逆に売りサインになってしまうので、くれぐれも3本の陰線が大陽線のレンジ内に収まっていることを確認し忘れないようにしましょう。

小幅上放れ黒線

小幅上放れ黒線とは、上昇相場において小幅なレンジ内でのもみ合いが続いたあと、突然上方向に窓を空けた陰線が出現することです。
決め手となるのは下落を示す陰線ですが、これは買いサインとなります。
ただし、最後の陰線に長い上ヒゲが出ている場合は要注意。上値が抑えられ、それほど上昇する余地がない可能性があります。最後の陰線は短め、かつローソク足本体よりも短い上ヒゲがついていると覚えておきましょう。

小幅上放れ黒線もまた、相場の一休み後の動きをつかまえる酒田五法特有の考え方によるものです。
小幅のもみ合いで相場が一服したあと、上方向に大きく窓を空けることで今後も上昇すると判断します。
ただ、小幅上放れ黒線は最後に出るのが陰線です。これをどう解釈するかですが、短めの陰線ならば一部の利確売りによるものとして比較的安心して買いを入れられます。

逆にこれが大陰線だったりすると、売り圧力が予想以上に強い証拠になりますし、大陽線だった場合も上昇の余地が少なくなります。
よって、小幅上放れ黒線では短い陰線の出現をもって買いサインとするのです。

 

上昇相場の買いサイン④

酒田五法には、相場のトレンドを確認して取引に入るというパターンが多いです。
そのうち、買いサインの決め手になるのが上放れの陽線。上方向に窓を空けて出現する陽線は上昇相場の力強さのあかしです。

以下に紹介する3つのパターンも上放れした陽線が出たら買いサインです。

上放れの並び赤

急上昇ではなくダラダラと上昇相場が続くなかで、上方向に窓を空けて陽線が出現し、次のローソク足も同じ長さの陽線が出現したら、それは上放れの並び赤と呼ばれる買いサインです。
通常、上放れの陽線のあとは利益確定の売りが入ることから陰線になりやすいです。

しかし、上放れの並び赤では次のローソク足も陽線、つまり買いがかなり優勢であることが判別できます。
2本並んだ陽線に続いて次に高く寄れば大きな上昇の可能性があります。
そろそろ天井かと思わせてさらに一段上に乗せてくる展開でみられるパターンです。

上放れタスキ

上放れの並び赤が上昇相場の中盤以降でみられるパターンなのに対し、この上放れタスキは上昇相場の初期でよく出現するパターンです。
上昇初期に上放れした大陽線が出現、その次のローソク足は大陽線の高値よりも低く開始し、大陽線の安値よりも低い位置で終わります。

このタスキがけのようなパターンが出たら買いサインです。
大陽線のあとはたいてい一時的な売戻しが入りますが、これはあくまで調整であり、次の上昇の準備段階であることが多いのです。
そこで陰線が出たところで買いで入ると、その後の上昇をとれるというわけです。

注意点としては、この陰線があまりに長く、一気に空けた窓を閉めるようであれば上昇の可能性が少し低くなります。
上昇圧力が弱いなと感じたら、取引を手控えるなどのアドリブもきかせたほうがよいでしょう。

上値遊び

上昇相場において、大陽線が出たあと短いローソク足でのもみ合いが5本から10本続き、その後に上放れした陽線が出たら、それは上値遊びというパターンです。
大陽線のあとの戻りが小さいことで上昇する力が強いことがわかり、短線でのもみ合いで一服しつつ力を溜め、上放れ陽線で一気に上に吹き上げるというイメージ。つまり上値遊びは買いサインとなります。

もみ合ってる時点ではまだ方向性が定まっていないので、上放れの陽線を確認してから買うのがセオリーです。
もみ合いから落としてくる場合もあるので、取引は方向性を確認できてからにしましょう。

このレンジ相場でもみ合ったあとの大きな動きに追従するというのは酒田五法の定番です。
いろいろと応用がきく形ですので、自分でアレンジして使ってみるのもよいでしょう。